QLOOKアクセス解析
Deep Forest
…のチラシの裏

文学少女シリーズの真最終巻となる、「半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫) 」がついに4/30発売
尼で予約してきましたー。楽しみだけど大帝国で忙しそう。落ち着いたらゆっくり読む予定。




”文学少女”シリーズ、最後の物語
新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわかにこにこと容赦なく原稿を修正してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り回される!? そんな時届いた脅迫状じみたファンレター。そこにはまだ刊行される前の小説の内容が書かれて……って差出人は、まさか!? 高校生作家雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、物語や文学を食べちゃうくらい愛する”文学少女”の、最後の物語。

快斗ってだれだよ!最終巻にして悪い虫フラグがw差出人はやっぱりあの人関連か?心葉とのラブラブな展開が見たいなぁ…。

・大帝国攻略中ー!Blog不定期更新&休みがちとなります。ご了承ください。 


携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ