QLOOKアクセス解析
Deep Forest
…のチラシの裏

00:00 06月18日   [土]
シュタゲ11話+ファンディスク/RQゲームシステム更新第三回
・ニトロプラスの虚淵さん脚本の怪作「魔法少女まどか☆マギカ」が、土曜の19時よりのニコ生にて、全話一挙放送がくるみたいです。日本・台湾同時生放送。見逃していた方は、いかがでしょうか。まぁ、一般会員だと席確保熾烈かもしれませんが…。

魔法少女まどか☆マギカ アニメ上映会


■part18 シュタゲ11話+シュタゲファンディスクプレイ中








○【ニコニコ動画】シュタインズ・ゲート 第11話-Dogma in Event Horizon-





【ニコニコ動画】シュタインズ・ゲート 第11話「時空境界のドグマ -Dogma in Event Horizon-」
※一週間無料配信

ドグマ回に入りました。岡部のびびり顔怖い。

・今回尺の端折り率が多かったのは、紅莉栖の父関連と、タイムリープ理論について。まぁでもいつも通り要点は抑えてるのがGOOD。


○今回のメモ


・AD 2010 08.10 15:00

鈴羽の動きがキャプ翼っぽくてわらたw
・冗長になりがちなタイムリープ理論を端折ってるのはいい判断だと思いますが、さすがに冒頭なんで岡部がオンオフで喜んでたかはわかりにくかったんじゃないでしょうか。
・一応公式の#11Tips【用語1】42型ブラウン管に補足説明(リフターの代替)がありますが、3人が理論で頭悩ましてる場面がほぼカットされてるので、わかりにくいかなぁ。要は、42型ブラウン管のオンオフが最後のカギで、すごく重要な理論の穴を埋めたって事。
・偶然にも助けられてですが、こういう理論の穴を埋めたり、トンデモ理論を思いつくのはいつも岡部。という描写がアニメにはちょっと足りない気もします。




紅莉栖による記憶パルスのデータ化は、原作の方が説得力ありますが、どちらにせよデコード部分が超科学すぎる気がしますね。まぁ「想定科学ADV」ですので。
・流れが違う事で違和感を感じたのは、記憶パルスのデータ化した後、「カー・ブラックホール」を使用して1.7Tバイト→36バイトに圧縮するのが端折られてる箇所。ホワイトボードの簡略化にも現れているようです。
・あれ、ヽ(*゚д゚)ノカイバーがあまり盛り上がってないw





まゆりの寂しそうな様子が、胸に痛い。
萌郁さんの雰囲気が怖すぎるw暗い表情のアニメオリジナル表現よすぎですねぇ。
バイト戦士さん、原作だともっと恥ずかしがってたんですけどねw
綯ちゃん、まじいい子。
牧瀬紅莉栖はSERNに通じているゴクリ…。




ぬるぽガッ
・あざとい表現ではあると思いますが、まぁやっぱり紅莉栖かわいいですねw
「そんなわけないでしょ。」うーむ。




紅莉栖の父親関連は、かなり早足ですね。まぁ筋はがっつりやれてるのでよし。
月を見上げるシーンいいなぁ。これ。
俯いた紅莉栖が自嘲気味に実験大好きというあたりで、月明かりがでてきて心情の変化も。
・このアニメは基本的に、画面が暗すぎると思うんですが、こういうのを見据えての事なんでしょうね。
・ここで流れる音楽は原作BGM「Believe me」。メインテーマである「GATE OF STEINER」のアレンジです。いい曲。
岡部が本当にいいやつすぎて困る。




トゥットゥルゥー(泣)わらたwここはアニメオリジナルですねー。
誰?まさかフブキちゃん?と、思ったけど、これさんぽ(モデル:サンボ)の通称マダムですね。
夫婦げんかきたわー。なごみます。
なんだトゥーとか、語尾変化に定評のある宮野さんw




紅莉栖からのメールのくだりは、原作だとかなり多かったですね。@ちゃんねらネタ含めて、いろいろ素の部分がみれる箇所なんですが当然カットw続きは原作で!
「お前は知りすぎた」怖い怖い怖い怖い。
疾走シーンは、賛否両論でしょうが、私はよかったと思ってます。実験的ですね。
お風呂は、原作の方だと超怒られてもっとコミカルでしたが、物語引き締めのためかシリアス度あがってる感じ。
びびり顔の引きまじで怖いのでやめてください。




○#11Tips→#11Tips




○#12予告




音楽こえええ。


xbox360版
(プラチナ)
Windows版 PSP版(初回特典付) xbox360版ファンディスク
比翼恋理のだーりん(特典無)
xbox360ダブルパック→STEINS;GATE ダブルパック
本編+ファンディスクがセットになったパック(\7,496)

xbox360:高解像度(1080p:1920x1080)+5.1ch。環境としては最高。但しハードがマイナー。
Win版:手軽。但しパッチ必須。core2以上じゃないと強制終了大目。解像度1024x768。音声2.1ch。
PSP版:手軽。CERO審査で一部表現が変わった箇所が少しだけ。





■シュタゲファンディスク 比翼恋理プレイ中



箱○版のシュタゲファンディスク 比翼恋理のだーりんやっております。

起源鳴動のエントロピー(共通ルート)

→相克のパ・ド・ドゥ→哀哭悲嘆のアポリア→永劫回帰のレゾナンス(紅莉栖エンド)

→失楽のメランコリア→黎明曙光のレシオ(萌郁エンド)

→猫耳乙女のドメイン→楼閣都市のネフシュタン(フェイリスエンド)



3つルート終了。残りは、るか、鈴羽、まゆりかな。相変わらず章の名前が難しい。厨二病乙。


○現状の感想


※出たばっかりで、しかものべるげーなので、大幅なネタバレは控えます。

・かなりいいかんじ。メインライターさんが執筆してないので地雷覚悟してたんですが、裏切ってくれてほんと嬉しいです。

・マイナスポイント?としては、展開がそれほどひねりがなく、どこかで見たような展開がちょいちょい多い事と、あとシュタゲ本編よりギャルゲ度はあがってる事でしょうか。そこらへん許容できないと多少マイナス。

・ただ、王道展開を魅力的にしっかり描いているので、個人的には十分。例えまだやってない残りのルートが全てだめだめでも、一定値以上の評価はつけれると思います。ファンディスクとしては合格点。原作好きな人なら十分やる価値はあるんじゃないかなー。

・ギャルゲ気味ではあるんですが、個別ルートに入ってから、2人だけの話になるんじゃなくてしっかりラボメンとの話の展開があるのがいいです。

・ボリュームは、そこそこかな?私はいちいち携帯で画面とりながらやっててたんで遅くなってますが、普通によめば3~4時間ぐらいで紅莉栖ルートも終わるかと。

・岡部△



3つシナリオ終わっての現状評価(変動する可能性あり)77点(ファンディスクとしての評価。原作ファンなら合格点かも。クオリティまぁまぁ)

最速でやれる箱○ユーザー大勝利!まぁそのうち他機種版もでるんでしょうねー。













□ランス・クエストコーナー


アリスソフト
(c)アリスソフト

■公式
→ランス・クエスト-公式

■予約特典
→ランス・クエスト(ランス8)予約特典(当Blog内)
(2011/6/17現在)


○動作確認版公開中(5月27日)


→動作確認版ダウンロード-公式







『ランス・クエスト』を応援しています!

■part19 ゲームシステム更新 第三回






○ゲームシステム更新(6月10日更新)


→第3回「よいクエスト 悪いクエスト 普通のクエスト」-公式[ゲームシステム]

名声がたまると、カリスマレベルUP
→「パーティメンバーの入れ替え」の回数が増加
→難しいクエストをクリアできるように
なる。

・名声は、難易度の高いものほど多く設定されている。
・簡単なもの→マップを歩いて目的地にいくだけ
・戦闘があるやつ→スタンダート

・護衛任務などの特殊クエストあり

・縛り条件つきもあり「3人以下」「ランス参加不可」など。



まぁよくあるRPGシステムですね。堅実でよさそう。




名声値と難易度(クエスト情報)
名声値と難易度
・繰り返し同じクエストを選択する事も想定されてました。ゲームバランスしっかりとってくれるといいんですがー。




閃きの穴に住む文豪
閃きの穴に住む文豪
・このクエは、サンプルで何回も使われてますね。
・今回は、マップを歩くだけのクエストで紹介されていました。おそらく序盤のクエストなんでしょう。


文豪ドエススキー
文豪ドエススキー
・護衛クエストでのサンプル表示。文豪の名前がでてきました。
・元ネタはまぁドストエフスキーでしょうけど、ひどい改変w




戦闘もあるクエスト(戦闘画面)
戦闘もあるクエスト(戦闘画面)
・ヤンキーも3D化。
・右から2番目のヤンキーだけ(黒腕輪)となってて、グラフィックでも腕輪が黒いようです。少し強いんでしょうか。
・マホコさんLv5でAカッター(1回)持ってますね…。全体攻撃か?なかなかすごいなぁ。格好がアレなのにw
・この戦闘画面でもそうですが、よーーくみると確かに服が簀巻き状態?のまんまです。

マホコ・P・マサイ(RQパッケージ絵)
パッケージ絵と戦闘シーンなどで、服装実は同じ。


モロミちゃんが仲間になりにきたぞっ
モロミちゃんが仲間になりにきたぞっ
・ランス6だと、アイスフレーム3人娘の中では一番微妙だった弓ですが…、今回はどうなんでしょうねぇ。まぁ弱そうかな。
・殺っちゃんみたいに過去シリーズキャラ参戦とかも、してくれないかなぁ。




戦闘あり・MAPあり(クエスト情報)
戦闘あり・MAPあり
・MAP無しの奴で、そこそこ広かったりする場合もあるんでしょうか。



ランス・クエストのデモムービーが店舗で上映されます-公式Blog(6月17日)
ぶろぐの方も更新されていましたー。

RQデモムービーのキャプ?
RQデモムービーのキャプ?
・虎子ちっちゃえwかわいいですね。香姫も少し成長して、ふっくら。
・もう秋葉原or日本橋の各PCショップ店舗では、今日からデモムービー流れてるそうです。Web公開はまだ。
・Webだと来週あたりでしょか?早くみてみたいですねー。

よくわかるランスクエスト
・この絵いいですねw織音さん画なのかな?
00:37 06月19日
あびゃく
>シュタインズゲート
冒頭の鈴羽 あれは色仕掛けじゃねー!

最初なんでTV付けたり消したりしてそのたびに揺れてるのかまったくわからなかったですよ opの後のクリスの説明で理由がわかりましたが、やっぱりいろいろと説明部分が削られてるようですね。 原作見たらなんでリフター代わりになるのかとかそういう説明とかもあるんでしょうね。

クリス実はオタであること隠す気ないのではないだろうか?こんな顔文字を普通に描きだすとはw

記憶とかが電気信号だからってのはよくsf系の作品で出てきますよね。 別の場所に保存しておいて絵印の命~とか  そういう作品を見ていていつも思うことはそれはコピーであって元の自分は寿命なり何なりで死んだら消えちゃうし 例え同じ思考 同じ記憶を持っていても別人なんだよな~って思ってしまう。他人から見れば生き続けてるように見えるけどやっぱ元の本人は記憶移植なりしてもそこで死んでるんだろうなって

あれ?この世界線では萌郁と会ってないはずなのに・・・ 直前に岡部に話している内容といい まゆしーも過去に記憶を送れる力を持っているのだろうか? それともあれから何度か過去改変したからいろいろ変更内容が戻ったりしてるんだったかな?

クリスとセルンが通じているってのは 未来でってことなのかな? それともこの段階で表向きの方と接触をとっているとか 父親がセルンで働いてるとかなのか?

やっぱ岡部は優しいですねw 原作ではクリスと父親が和解することはあるんですかね? 

苦しいトゥットゥルゥーもいいですねw これ原作にないんだ s9さんの文を見る限り本当に原作をさらに良くしてるアニメのようですね! いや~デモンベインとは大違いですw

今回の話はクリスと岡部の掛け合いとかで和んでたのに、ここにきて お前は知りすぎたって こえっ~! なんか死体っぽいのも写ってるし・・・・ もうすぐ半分終わりますからここから後半近くまでやっぱ怖かったり 欝になりそうなシーンが増えてくるんでしょうね。(デモンベインで言うとそろそろクトゥルー召還するあたりの位置かな?)


>シュタゲファンディスク
複数ルートあるんだ! てっきり4,5時間くらいの一つのシナリオを見る機神飛翔みたいな劇場版展開かギャグ大目のお気楽展開かと思ってましたがこれは面白そうですね!

>ランスクエスト
文豪ドエススキーは最初見た時マスター乞食だと思いましたが、名前見て吹きましたw やっぱり打たれ弱かったりするんでしょうかね?

黒腕輪のヤンキーはやっぱり少し強いんでしょうね 闘神都市3にも赤い靴はいてるのとかでてきましたね。

Aカッターは全体攻撃でしょうけど ローパを一撃で倒して後は少しづつダメージを与える程度の威力か それとも一撃で黒腕輪のヤンキー以外を倒せるくらいの高威力なのかとても気になりますね。 まあレベル5だと高威力は期待できないかな?

アイスフレーム3人娘は結構序盤から仲間になりそうですね。3人まとめてじゃなくて一人ひとりとかなのかな?

メガデスはランス6だと後衛が充実しすぎていましたから序盤くらいしかあんまり活躍しませんでしたね(序盤でも攻撃力低いですが) 後は精々マリアの誘導用でしたし  今回はある程度強くなってくれると良いんですけどね~

クエスト選択時に戦闘やmapの有り無しが解かるのはいいですね。 後はクエスト開始時にランス6みたいにどこでクエストするのかがわかるとなおよしです!



デモムービーまだしばらく配信されないと思ってたら17日の夜にはすでにニコニコで見ることができましたw
それにしても虎子小さいですね。 勝子と同じくらいの背だと思ってましたが、 確かに二人並んだcgとかは無かったですからね 香姫とならんだら身長差どれくらいでしょうね?

>雑談
今日の朝に戦極姫3届きました! まだプレイはしてませんが、これからゆっくりプレイして以降と思いますw 今回は選べる家も多いですし その家でも分岐ルートが複数あるようなのでcg埋めるのにどれだけ時間がかかるか解からないです。 限定版買ったのでついてきた本はかなりの分厚さでランス6の攻略本くらいの大きさでした それに載ってる情報によると陵辱専門ルートっぽいのがあるっぽいです(陵辱できるキャラじゃないと仲間にできないルートがあるそうなので) なんだか大帝国っぽいですねw

雑誌情報ですが、ランスクエストでは魔人が2人でるようです。一人はランス6のラフ画集にのっていたまんまの見た目で もう一人はプリマっぽい見た目ではなく はに報出張所に書かれていた可愛い系の見た目で登場っぽいです。
01:44 06月19日
s9
>こんな顔文字を普通に描きだすとはw
本人としては、無意識に書いてるのかもしれませんw原作だと、静止画で長時間カイバーが画面に写ってるので、すごい印象があったり。

>同じ思考 同じ記憶を持っていても別人
自分を自分って定義づけてる条件はやっぱり意識ですしねぇ、恐ろしい。

>いや~デモンベインとは大違い
今の所、アニメ化作品としてはかなり上位ですね。下手に理論関係をいれずに切って、ドラマ部分重視にしてるのが成功してると思います(きってるのは残念ですが)。

>劇場版展開かギャグ大目のお気楽展開か
ネタバレになるため、あまりいえませんが、やれてよかったと思うクオリティでした。

>マスター乞食だと思いましたが
あー、そういえばグラフィック似てますねw後でランスにひどいことされて、マスター乞食化とかもひょっとしたらありえるかもしれない。

>高威力なのかとても気になりますね
1クエストにつき1回だからなぁ。戦国ランス並のがっかり威力じゃないといいんですが!

>どこでクエストするのかがわかるとなおよし
ワールドマップほしいですなぁ。

>17日の夜にはすでにニコニコで見ることができましたw
お、そうなのか。みてこよう。情報ありがとうです。

>香姫とならんだら身長差どれくらい
まー、こういう絵だからこうなってるだけで、実際は同じくらいなのかもしれないですが、この構図だとねぇ。

>限定版買ったのでついてきた本はかなりの分厚さでランス6の攻略本くらいの大きさ
すげーw結構がんばってきてますね。この手のはやっぱりコストかかるんだろうなぁ。

>なんだか大帝国っぽい
うーむ外れじゃないといいですね。専門ルートってどうもあんまりいいイメージがないんだよなぁ…。

>一人はランス6のラフ画集にのっていたまんまの見た目
>はに報出張所に書かれていた可愛い系の見た目
あれかー。情報どもです。
魔人でてくるとシリーズっぽさが増す感じがしますね。期待。
01:56 06月19日
あびゃく
>ランスクエスト
今もう一度見に行ったらニコニコのpvは公式じゃなかったようで消されてました・・・
youtubeではまだ見れるようなので見るのでしたらお早めに
02:09 06月19日
s9
>youtubeではまだ見れるようなので
見てきました。どもども。結構会話部分とかものせてますねー。また、公式が公開したら詳しくみていってみたいです。

謙信が雪山?っぽいので、弱い私を捨てに…とか。なんか無茶しそうだなぁ。
09:45 06月20日
カレー
11話はいままでにまして駆け足感だった。
冒頭のバイト戦士で笑い
ネラーバレで吹き
夫婦喧嘩で(・∀・)ニヤニヤ
そして終盤のメールで・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そういえば、記憶のパルス化云々で材料買ってきてとか素で進めちゃってるけど
クリスとかめちゃ凄いって解るんだけど、それでもできちゃうの?( ゚д゚)ってなりましt

いやー来週も楽しみすぎる(´∀`)
18:02 06月20日
s9
>駆け足感
落ち着く暇がなかったなーw

>ネラーバレで吹き
原作だとネラーばれしてからのクリスからのメールが、すごい吹っ切れるのが楽しいよw短芝も増えるし。
http://deepforest.qlookblog.net/162f24a2.jpg
これは電話だけど、そんなかんじのアレです。

>終盤のメール
これも一部原作越えかもしれん。絵は一緒だけど別の怖さがあああ。

>それでもできちゃうの?
原作だともうちょっと理論体系しっかりしてるんだけど、それでも「記憶を読み取る」→「データ圧縮」→「過去に送る」部分については一応納得できるけど、音だけの外部刺激で、「記憶を上書きする」ってのがちょっと科学超えてる感じ。

まぁ技術的にはいつか可能になるかもしれないが、そういうのができる基礎理論が元々ある世界線+天才少女の理論応用という風に解釈するしかないかもかねー。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ