QLOOKアクセス解析
Deep Forest
…のチラシの裏

21:30 10月02日   []
Fate/Zero第一話メモ(1)
↓ネタバレあり

























































■関連商品(文庫版/マテリアル)


・文庫版は、やっぱり挿絵とか微妙かも?・文庫は文庫で手軽によめるっていう面はありますけどね。

・本当は一番最初にでた、とらのあなさんとかが扱ってる同人誌版が最高なんですが、もうあんまり部数おいてないかもかな…。ちょっと高いし。
とらのあな
・今在庫みたら、vol.3以降しかおいてませんでした。そのうち入荷するのかもだけど。








・1話想像以上によかった。一応アニメ初見でもいけそうな盛り込み具合だったかな?
・つーか、作画クオリティ高いし、力いれすぎww
・初回60分だし、どんだけお金かかってんだ…。宣伝費もかなりかけてそうなかんじらしいですね。

・話としては、Fate/Staynightの10年前が舞台。詳しく語られていなかった第四次の聖杯戦争が焦点。Staynightの主人公衛宮士郎の養父である衛宮切継が主人公。

・切継の覚悟と悔恨。アイリの悲壮な決意。時臣の根源への渇望。ウェイバーの自己愛。ケイエスの傲慢。雁夜の義憤
…そして、綺礼がうちに秘める虚無と怒り
・どこか鬱とした暗い世界観の中、各登場人物は様々な想いを秘め、聖杯戦争がいままさに開始せんとしている…、という感じで1話完。
・Staynightに話が続いてしまう結末である事が確定しているので、どこか悲劇的ですよね。

・最後の英霊一斉召還がかっこよすぎる。次回は、いよいよセイバーをはじめ各サーヴァントである英霊が活動を開始していく事でしょう。
・無理に大河さんいれたりとかの小細工はいいから、このクオリティを保って欲しいですね。まぁタイガーでてきてくれたらちょっと嬉しいけどもw

・Fate/Staynightは、TYPE-MOONひいては奈須きのこさん原作となりますが、Zeroの原作者はニトロプラスの虚淵玄さん。
・最近では、『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本として一躍有名になりましたね。
・奈須さんの方から、虚淵さんに打診があってコラボ作品として公式二次創作としてできたのが始まりの物語「Fate/Zero」

・アニメ版の脚本は、制作会社のufotable複数脚本でだしてきてるようです。ufotableは、非常に評判のよかった空の境界のアニメ化会社であり、ある程度安心。
・脚本ではないんですが、原作者として虚淵さんもかなりからんでいるようで、期待がもてます。

▼9月26日8:18AM(twitter)

虚淵玄@Butch_Gen 虚淵玄
たしかに俺は自らFate/Zeroアニメの脚本を書いたわけではないが、脚本会議に毎回欠かさず列席し、俺が納得できるまで決して決定稿を通さなかった、そんな厄介な原作者様でした。そして今はアフレコに毎回欠かさず列席し、あれやこれやと注文つけまくる、そんな面倒な原作者様でもある。



▼10月2日1:13AM(twitter)

FxYxBxC 冬 蜂夫
ブッチー、そんなハードル上げていいの……? 超期待しちゃうよ……?

虚淵玄@Butch_Gen 虚淵玄
@FxYxBxC 2話は色つきのアフレコ見てマジ腰抜かしたので。







■1話シーン抜粋適当に

目元なんてあなたそっくり


普通の父親として


イリヤ…
・なんかもう泣けます。この子がたどる運命を想うと。でもここで、この二人から産まれたからこその話なんですよね。
・アイリかわいいよアイリ。

振り返る切継


キャー切継サーン
・陰のある男で、非道な殺戮を尽くしてきた魔術師殺し。…でもその生き様は、自分の中の理想を追い求めた結果であり、本来最も情の深い人物。
・そしてその業が今、彼を苦しめる。士郎と同じく、ある意味間違った正義の味方。

吹きすさぶアインツベルンの屋敷


吹きすさぶアインツベルン城
・でかすぎるんだけどマジで!作画やばいわああああ。


タイトルロゴ


「Fate/Zero」

神父


遠坂時臣


対面する二人
・遠坂と言峰。二家による密約。
・なんかもうこの時点で、時臣のうっかりさん☆血筋が発動してる気がしますねw
・がっつり凛にも遺伝してるんですけど!

立ち位置


このイケメン結構うざい


立ち位置うぜえww
・回るなwwwwしかもワイン片手wwwww
・いかにも貴族ってかんじの立ち振るまい。

葵さん2


葵さんかわえー
・時臣も本心妻子を愛しているだけに、色々辛い…。みんな馬鹿だほんと。

雁夜君


!?
・誰このモブ男!!…雁夜君でした。
・このモブ感素晴らしいw

遠坂凛


結構格好いい


嬉しがる凛
・既にこの時点でツインテール。かわいいなぁ。
・にじみでる雁夜君のいい人臭。そしてだからこそ…。


桜ちゃんは?


憤る雁夜


わかって当然でしょう?


憤る雁夜
・桜への仕打ちを、間桐の翁の策謀を見過ごすことができない。


嗤う


蟲


遅かった…


全ては遅かった
・わさわさわさわさわさわさわさ。
・作画気合いれすぎwww刻印蟲のキモさは、ほんとよく表現されてますね。素晴らしい。

・いくら足掻こうとも、元凶・臓硯の手のひらの上にすぎず…。Staynight桜ルートの例のシーンを思い出して溜飲を下げることにします。笑顔でぷちっと。
・そして雁夜が行う一つの決断。気持ちは痛いほどに伝わってくるのが悲しい。
・その想いも運命も歪に歪んでいく。マキリの凋落と腐敗を表すかのように。


時計塔での講義


時計塔での講義
・ケイエス初登場。典型的な血筋重視の魔術師。ウェイバーを鼻で笑っている。


恐れたんだ!


僕の才能を恐れたんだ!
・ケイエスの講義を受けて居た魔術師見習いウェイバー。
・未熟だが自己陶酔気味に自分の才能にほれ込んでいる彼に、あるチャンスが舞い降りる。


英霊を召還


アーチャー


英霊の召還 聖杯によるサーヴァントシステム
・このクラス絵は、Staynightからの絵柄。かっこいいですよねーこれ。


聖遺物


      ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ おっ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



・ほほを染めるなw


時計塔からの知らせ


知らせを綺礼に伝える


時計塔からの知らせ
・所かわって遠坂亭。魔術FAXが届きます。


ハサン・ザッバーハ


アサシン登場
・アサシンのクラスである「ハサン・ザッバーハ」登場。神父のサーヴァントはこの英霊でした。
・Staynightにて明らかになったハサンの出自ですが、かなり特殊でアサシンのクラスは基本的に必ずこの人物が召還される。但し…、『別のハサン』が。




次記事に続く。
21:46 10月09日
あびゃく
Fate/Zero  自分は同人誌の方の一巻しか持ってないですね。(ラストまでの大体の流れは知ってますが) 確か以前札幌のまんだらけに行った時にあったけど今度行った時まだあったら買おうかと思います。アニメの影響でなくなってそうですけどw
文庫版は確かに持ち運びには便利ですけど あの分厚いほうが自分は好みですね。

初回1時間とボリュームがあってよかったですよね。
それにしても原作は発売がもう5年ほど前になるんですよね~

それにしてもまるで映画版を見ているみたいな1時間でした 背景もキレイで本当に映画版って感じなのに毎週放送なんてすげー! 最近のアニメでは一番クリオティ高いのでは?と思いました。

遠坂と言峰  本当になんでこいつらくるくる回ってるんだろうw  最初暗示かなにかかけているのか?と思いましたがそれらしい描写も無いですしね。

雁夜 主人公属性の無い主人公って感じですよねw 顔は爬虫類っぽい感じ 

刻印蟲と桜 もっとやばい感じかと思ってたけど丁度良い気持ち悪さって感じでよかったですね。 
桜もこの時はまだ髪が黒だったんですよね・・・

ウェイバーはやっぱりzeroの主人公(といかヒロイン?)ですね!

魔術ファックス 案外スムーズに動くんですねw 最後にナイフで切らないといけないのが面倒っぽいですけど

この第4次のハサンがもし切継に召還されていたらどうなってたんでしょうかね?
01:44 10月10日
s9
>あの分厚いほうが自分は好み
同人誌版の方が、いろんな意味でクオリティ高いですよねー。

>背景もキレイで本当に映画版って感じ
スタッフの本気+お金が尋常じゃなくかかってますね。空の境界で結構儲けたのかな。凄すぎて逆に心配になるレベル。

>なんでこいつらくるくる回ってるんだろうw
この意味なしくるくるは、すごいそれっぽい感じでうざくて笑いました。

>主人公属性の無い主人公
確かに。今雁夜おじさんが熱い!スレで一番人気なんじゃないでしたっけか。

>丁度良い気持ち悪さ
蟲、原版だと男性器風なんですけど、やっぱりギザギザがちょっと追加されてましたねw

>ウェイバーはやっぱりzeroの主人公(といかヒロイン?)
ウェイバーちゃんペロペロ

>最後にナイフで切らないといけないのが面倒
そーいやそこは自動化してないんですよね。できそうなのに。受取人が傍にいたときに留守電的にメッセージがはいってたら反応するのかな。

>ハサンがもし切継に召還
切継と神父は、共に鏡像のような存在なので、結局似たような感じにつかったのでは。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ