QLOOKアクセス解析
Deep Forest
…のチラシの裏

02:37 10月05日   [水]
神咒神威神楽 楽土血染花編クリア
(10月6日追記)鯖安定してきたので、地味に加筆。自己満足的に。


・あー…なんだろう。まじブログ鯖死に過ぎ。編集するURLと、実際に公開しているこのサイトのURLがわかれてるんですが、編集の方が死にまくりで、適用ボタン押してから5分以上応答ナシ→タイムアウトとか…。
・そろそろブログ容量が500MB超えたので、7割超えるぐらいなったら新アカ作るか引っ越すか考えようとは思ってたんが…、どうしようかなぁ…。





ネタバレ軽くあり(楽土血染花編)




















































公式→
神咒神威神楽




神咒神威神楽 楽土血染花編クリアしました。
・共通ルートの最後らへん、普通に泣いてしまった。特に夜刀関連。まじ良作。

ですのー!


祓ってみせます


神父?


ただいま参上ー、ですのー!


計都・天墜



2,3章?らへん実は、あれちょっと微妙かなぁこれ…と思ってたんです。というのも、戦闘絵の使いまわしと単調な演出を感じて、文章はいいのになぁ…という感じのがちょいちょいありました。
・でも船らへんで盛り上がっていって、上陸後の例のシーン以降、完全にのめりこまされました。
・シナリオ正田さん凄いのはまぁデフォとして、絵も独特の狂気と荘厳さ、プレイヤーに訴えかけてくる勢いのある構図が流石でした。なんか線が筆っぽい。
・音楽もガチで格好いい。Dies Iraeのアレンジ多め。今回は和風テイストで太鼓とかで神楽っぽくしてますね。

・ほんとセリフとうまく組み合わせて盛り上げてくれました。Light最高!!素晴らしいです。欲を言えば共通ルートの序盤後半~中盤の前半をもうちょっと演出考えて欲しかったですが、他は文句ないですね。想像以上。

私情が私情でない


何をもって満ち足りる?


実は私が嫌いなのか?



・しかしこれ完全にDies Iraeのあるルートの続きなので、前作「Dies irae ~Acta est Fabula~」やってないとわけわかんなそう…楽土血染花編が特にそうらしいんですが。

・今作では、前作キャラが敵味方陣営がぐちゃぐちゃに、今作の敵味方陣営にわかれているというかなり辛い展開で、正田さんまじドS…ってかんじなんですよね。
・だってね……どうみても前作の主人公とヒロインズ、親友とかが悪鬼羅刹になってんですもん…。まじ凹む。あんだけ歯を食いしばって、魂削って頑張ったのに…(´・ω・`)

・しかし敵・味方両陣営の理想、信念。慟哭と安らぎ。登場人物達の強烈な想いの錯綜と運命の皮肉。本当に熱くさせてもらったあの前作、狂乱のDiesシナリオを、今作別次元である今作において、総てあるべき場所におとしこんでいく、そのカタルシスがほんと素晴らしいです。泣きました。

刹那


先輩


ルサルカ


先輩の渇望



■楽土血染花編について
・途中までは共通ルートで、最終段階で分岐。このルートは、呪われた禍憑き一族凶月における最凶の兄妹凶月刑士郎と、凶月咲耶二人のお話が中心になるわけですが、この二人はそれぞれ、(まぁ声優が一緒なので公式キャラ紹介みただけで一発でわかりますが)前作での敵方、聖槍13騎士団黒円卓第四位『串刺し公』。戦闘狂ヴィルヘルム・エーレンブルグ、そしてそのであるヘルガの因子を持っています。
・Diesにおける呪われた宿命をもつ凶運の男女。やはり新生した今回のお話でも、その因縁はもまとわりつき、二人を苦しめ、狂った運命に引き釣りこんでいく。
・つまりこの背景が、前作やらないと全然わからないので、今作だけだと面白さ半減。

・この二人は、強烈に惹かれあっているんですが、同時にそれは暗く不吉な渇望によるものを含んでいるため、非常に危険。その渇望が完成してしまい、『完成したがゆえに絶対に完成されない螺旋』になってしまうかどうか。総てはそこにかかっています。
・実は全然関係ないようで最重要な物語の『鍵』。彼ら自身も気付いていませんが、二人の行方はこの神楽全てに関わってくる重要な事柄。
・この因縁の話。最後までみることができて、本当にプレイできて幸せであります。

血染花


言ってくれるじゃねえか


禁忌





■前作Dies Iraeについて
公式→Dies irae~Acta est Fabula~応援中!

体験版→Dies Irae 体験版





ディエス・イレアクタ・エスト・ファーブラFlashプレムービーVer1 light


Dies Iraeは面白いんですが、未完成版を2回売ってやっと最後完成版だしたという最悪な売り方をしたせいで、無茶苦茶評価を落としたゲーム。でも完成版はほんとに凄いです。厨二シナリオ好きなら、ハマればかなり面白い。萌ゲーアワード2010の銀賞だったかな?

・平凡で平和な日々を愛するただの学生藤井蓮が、61年前の因縁ナチスの悪夢、聖槍13騎士団との闘いに巻き込まれ、自らの運命に出会い、絶望的な戦いに挑んでいく壮大なストーリー。

断頭台の少女。首狩り殺人。黒衣の騎士達。仕組まれたこの戦いは、何者かの手の平の上、着実に狂気の色を得ながら進行していくんですが。敵・味方の生き様(+狂いっぷり)が本当に格好いい。
・ドイツの有名な戯曲を基礎にしつつ、黒魔術、ナチスネタ、さらに日本の古事記とかネタが凄まじくてもう滅茶苦茶です。やりすぎ感w能力系バトルものとしては最高峰のシナリオだと思ってます。

・ただはっきりいって万人受けしないので、オススメはしづらい。最高にぶっとんでて狂ってるので、拒否反応でる人も結構いるはず。
・私の中では、Fate、村正、デモンベインと並ぶ出来ですが、この中だと狂気っぷりは、Dies>村正>デモンベイン=Fate。これらはどれも厨二系だけど、毛色がそれぞれ違うのが興味深いですね。どれも好きですが、人に薦めるならFate>デモベ>村正>Diesとなるでしょう。


・あと最初のルートである香純ルートは、中盤微妙。2章らへんは面白いんだけど。これは、なんか未完成版時のごたごたが反映されてる感じ。(時間足りないから別ライターが書いたのをあわせまくった)
・螢ルート、マリィルートからが本番。グランドフィナーレ、デウス・エクス・マキナとなる、先輩ルートこそ、至高!


Dies Irae ~Acta Est Fabula~
22:42 10月09日
あびゃく
ブログ鯖死に過ぎ ああ~だから数日更新が無かったんですね。 てっきり 神咒神威神楽にどっぷりはまっているのが主な原因かと思ってましたw

目玉が浮いてる! お・り・が・みやミスマルカのマリーチを思い出しますが どういうモノなんでしょうかね?

前作の主人公とヒロインズ、親友とかが悪鬼羅刹  それはちょっとキツイ感じですね。 こっちが悪側で引き込む系のやつならシリーズの2作目とかで前作の正義系の人たちが最初から悪側にいるような展開は良くありますけど これはそういう感じじゃないっぽいですしね・・・ 

村正より進められる度下なんですか でも自分はこのブログの記事見る限り面白いと思うのでそのうち前作含め購入すると思います。

それにしてもデモンベインか・・・・ 飛翔のコミック版は休載(実質もう打ち切り?)になってしまいましたし いつかコシュマー版になって自由にバトルできるようにならないかな~と発売当初は思ってましたが、あの方がなくなってしまったからもう無理でしょうね・・・  
スパロボ参戦とかは、無敵王トライゼノンと同じくらい期待していますが それより前にゾイドが参戦してしまいましたよね ジェネシスの方が どうせゾイド参戦なら自分としては無印が良かったな~ 調度コロコロ1話からラストまで見てた世代でしたので


雑談
現在 闘神都市3を再プレイちゅうです! 後でいくらでも増やせるのが解っているので序盤からバンバン付与していってますw
そして初プレイ時は貫徹根性とるのくらいにしか使わなかった 窃盗術をバンバン使っています。いや~案外いいアイテムでますねwちょっと一回の戦闘に時間が掛かりますが、サクラ貝手に入る前に付与していない付与アイテムの数がかなりすごいことになっています。 殆どが しいたけ や マポ ねこる金貨ですが たまにかなりの大物がきてかなり楽しいですw

そういえば漫画版闘神都市3は2巻のラストで十六夜さん倒したあたりでしたが本当のラストまでしっかりやってくれるのかな~ 戦国ランスといっしょにしっかり完結して欲しい作品です。
02:46 10月10日
s9
>ブログ鯖死に過ぎ ああ~だから数日更新が無かった
まぁ神咒神威神楽も、やってましたけどね!

>目玉が浮いてる!
視姦魔人の人ではありません!

これは化外の一人。東征における最初の先鋒、海の怪となって襲ってくるわけですが、その正体は本作品中に語られる事はありません。

いつもなにかを知っているそぶりをみせる御門龍明が、打ち沈みながら撃ち果たすよう指示する様と「教会と花畑」の暗示からみて…、前作Dies Iraeにおいてある人物がただひたすらに守りたかった無垢なる存在…のなれの果てという推測ができます。

>これはそういう感じじゃないっぽいですしね・・・
マジ凹みしましたw

>ブログの記事見る限り面白いと思うのでそのうち前作含め購入
お奨めはしづらいけど、やっぱり大好きな作品です。
神楽もDiesも体験版があるので、やってみるのもありかも。

一応補足しておくと、Diesは序章OP部分が狂いすぎててびびる(私は若干引きました)んですが、そこ終わるとまぁ普通になりますので。一応そこまでは、やっていただけると!w

一応上のページに、プレムービー1と体験版へのリンク追加してみました。
まぁムービーみたらわかりますけど、この人達がまぁ主人公とかヒロインの1人で、今作でも…。

>デモベ コシュマー版になって自由にバトル
飛翔は、コンシューマなってないんでしたっけか。

>スパロボ参戦 ゾイドが参戦
最近のスパロボ事情はわからんのですが、結構カオスな取り込み具合ですねぇ。

>闘神都市3
窃盗術ありましたねー。おぼろげに覚えて居ます。
闘神はゲーム性はそこそこあったけど、シンプルすぎた感じはしたかな。再プレイもありですね。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ