QLOOKアクセス解析
Deep Forest
…のチラシの裏

01:47 11月23日   [水]
猫のベンチ 他/R6-9
Working!原作マンガ6巻読み終わりました。まとまってませんが、うだうだと雑感。

・アニメがなんだかんだで許せるようになってきたので、原作を解禁。なんとなく苦手としていた違和感が納得できるように。普通に面白くなってきた。

・1つ1つのネタのオチが浅いんだけど、全体を通じて雰囲気とかネタの流れを作っていって作品世界観とするこの手のギャグ主体の日常系。
・アニメにしたとき、「4コマ特有の区切り」で違和感を感じちゃうんですけど、「そういう表現だ」っていうのを自分の中で理解していくと読み方がわかってきて、楽しくなれた…ような気がする。大層な話ではなく。
・やっぱり恋愛要素の4コマでの区切れ方を、初見アニメでみたときの違和感が一番もやもやしたので、納得できたら割りと楽になりました。

・解決されそうな問題が寸止めで解決されなかったりとか、勘違いでとりちがわれて別の問題が発生ってのは、もはや様式美だなぁw
・この手のネタの描き方が、作者さんすごいうまい。元々Webの無料漫画描きだったってのも、それらしき匂いがして納得。
・1巻~あたりは、顔見せで終わるパターンのネタが薄すぎて微妙なんですけど、巻数進めるとネタの質があがっていく感じがしました。登場人物結構多いのに、無茶苦茶キャラ立ってて、生き生き動いてますねー。

・原作楽しいんですけど、アニメでうまく話つなげてるのも、結構レベル高い。上記の違和感があったころは、結構しんどかったですけど。

・キャラ的には、佐藤さんが好き。幸せになれるんだろうかこの人w
・山田がアニメの方がうざく表現できてて、原作超えというかなんというか…。うざくないほうがよかったのかわるかったのかわからない。うざさこそ山田!



携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ