QLOOKアクセス解析
Deep Forest
…のチラシの裏

00:09 12月21日   [水]
新作メモ色々(真かま/FEZ/ゼルダSS/コロナ)
・久々に変則更新。

・ランクエマグナム情報きましたねー。今回は、世界を救うとかなんとか。シュメルツカイゼリンっぽい人の画像もでてたり?
・しかしまぁ…うーん楽しみだけど、最初からやっといてほしかった!って事柄も多いw

・新作色々触って見たので、今回はそっちについてメモなど。




Youtube真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)トレイラームービー
真かまいたちの夜プラチナの栞ゲットでフルコンプ。17時間。
・やってると中はそれなりに面白かったですが、振り返って見るとやはり微妙かなー。75点クラス。残念。

・1のオマージュとして、同じような設定がよくでてきますが、結局1には敵わなかった。というか力入れる所間違えてる。

推理にひねりなさすぎ。ボリュームなし。3でサブシナリオない批判に対応して今回サブに力いれたんでしょうけど、メインが…。
・ここからさらにどんでん返し!とかくるのかとおもったら、そのまま終了。
雰囲気自体は結構よくできてたと思います。グラフィックはPS2レベルなので正直PSPで良かっただろ、という感じ。
・色々膨らませそうな設定が随所にでてくるのに、なげっぱなしおおめ。
・キャラはまぁ悪くないかな。でも1とイメージがかぶりまくりなので、あまりまともに評価できない。

・サブシナリオでオーソドックスに読ませてくれてよかったのは、ビンゴ編ぐらい。
・色々納得いかないですが、読み物としての出来はまぁあり。

・妖怪編はギャグテイスト+フルボイスで、笑わせてくれました。しかし、ここに金かけて頑張るなら本編もっと頑張ってほしかった。
・でも、文章自体が面白いというより声優の演技がよかったかも。さとみさんのつっこみが冴えすぎw
・この編については、スレでも評価が両極端。受け付けない人にはひたすら寒いだけなので、人を選ぶかんじ。

・スパイ編がかなり微妙。ひたすら死ぬし、話が面白くない。もっと登場人物だして動かせばよかったのに。あの人がスパイ!?っていうギャップを期待していたのに…。
・あと、100%のチャートうめのための作業が無茶苦茶大変かつ面白くない。

・死神編、スパイ編ほどじゃないけど微妙。仕掛けはわかるんだけど、それならなんか納得させるオチを用意してほしかった。赤文字の基準もイマイチ。
・ひっぱっておいてそれ!?っていう終盤。そしてやっぱりそんな編に限って、100%うめが面倒くさいw

・ポポリン編はまぁ評価対象外。一応読める文章だけど、シュタゲでいう雷ネットみたいなもんで別物。

・鎌鼬の夜編。一応ミステリーっぽくしてる。DLC商法というか中古対策で無料DLCっぽいのはまぁ別にいいんですけど、肝心のお話が短いし、消化不良。

・怪文書10個。かまいたち2であった呪い+ギャグテイスト? 面白いのかなこれ…。なんかライターの一人よがりにみえてたのしめず。

・みんなでかまいたち編。100人集まっても24時間待機とか、謎の糞仕様。初日にこけたので今後復活しても完全に失敗。

・シナリオ以外として、音楽などの演出は1テイストでなかなかよかった。
・しかしシステム回りが、いまどきスキップできないとか、重い箇所がある、お触り操作の意味のなさ、ポポリン編を手に入れるたびに最初に戻るとか、煩わしさをかなり感じたため減点。




・と、まぁなんだかんだ批判しましたが、それなりには面白かったです。もうちょっと練りこんでほしかった。おしい!
・結局チュンソフトのノベルで現時点で大好きなのは、かまいたち1と渋谷428。次点が街・弟切草。他は微妙ってかんじに。

・さっき叩き売って来て3600円。差額2000円ぐらいなのでまぁまぁ。




FEZ氷皿。ちょっとだけ戦って落ちる感じ。スコア1万~1万1000がそこそこでるようになってきました。ライトが多少あたるようになって前よりかはマシに。kill2~5Dead0~5。6000~8000も未だでる下手糞なので、精度の修行は引き続き。
・反確のジャベがタイミングあってるけど、方向間違ってる事が多いので意識したい。周囲の確認は、攻撃狙いながら通常画面のみで頑張るのは無理があるので、もうちょっとミニマップを意識するべき。ハイドサーチもしつつ。
・主戦場メインでいってますが、まーひき殺されますね。どうしようもない状況は仕方ないけど、ちゃんと敵を見て足止めしてくるサンボル使い、弓などで戦況を把握する事。
・半歩使いとか、ラグアーマー、位置ずれバグ使い対策もやらないとなー。たまに全然あたらなくなります。崖登りも少しずつ苦手な所を練習するべき(旧ダガー系、ドーナツ系)
・なんかワールド統合があるらしいです。







Youtubeゼルダの伝説 スカイウォードソード紹介VTR/PV [HD]

ゼルダの伝説スカイウォードソード(Wii)。新作ラッシュだから触るだけ触ってみよう…と思ったら6時間たってました、今の所無茶苦茶面白い。びっくりした。

・おなじみの主人公リンク。空の上の国からはじまって、今回は姫じゃなくて幼馴染のゼルダを助けに、緑溢れる禁断の封印の地「大地」へ。鳥に飛びのって冒険へ。
・全然目新しくもないありがちな設定ばっかりですが、魅せ方がうまいというか没入させられます。ほんとファンタジーしてるなぁってかんじ。

・RPGというよりほとんどアクションゲーム…かな。操作が難しいですが、なれるとすごく直感的に動けるようになります。特に剣動作。
「リモコンを振るとその振った動作が剣動作になる」という凄い仕様で、上下の縦切り。左右の薙ぎ払い。斜め切りなどなどきっちり認識してくれて、技術凄すぎ。昔この手のゲームはしょぼすぎてお話にならなかったんですが、今作は結構軽快でちゃんと動いてくれてびびります。
・敵によって上の方のコウモリに斜め切りで対応したりとか、口の形である方向にしか切れない植物を撃破したりとか、状況をみつつ切りかたを変更する必要あり。
・その他、ダッシュとか転がり動作とか、壁をかけあがったり、飛びついて飛びうつりながら移動したり。リンクを動かして謎に立ち向かうのがほんと楽しい。

リモコンを振る動作をここまで使いきって、練りこんだ面白いゲーム作ったってのはなかなか凄い。ちょっと感動しました。
・ただ反面、この手の動作に拒否反応がある人には残念ながら向いてません。あとアクション自体が苦手って人も無理。

・今回あまりサブイベントはないため、それを求める人は肩透かしが多いみたいです。重視されているのは謎解き+アクション。マップをみながら仕掛けを推理して、色々ためしてみて成功したときの嬉しさ、達成感とかプレイしていてどうやったら楽しいか?というのが、凄く良くかんがえられてるなーという感じがしました。
・マイナスポイントとして、結構きつかったのが鳥動作。ちょっと難しすぎるwある程度操れるようになれましたが、未だに穴があいた岩をぬけたり、アタックで鳥騎乗中に攻撃するのは苦手。雰囲気自体はすっごくいいんですけどねー。ばっさばっさできるw
・あと最初面食らったのは、グラフィックがかなりしょぼい事。FF13なんかと比較するとほんとひどい。でもなれてくると全然問題ないです。早く続きやりたい。コロナおわったらああああ。





Youtube銀の刻のコロナ_戦闘PV

銀の刻のコロナ5時間ぐらい?やったところ。
・心配していた通り、序盤のシナリオが酷い!
・主人公の「力」の受け入れ方と、お寺の仲間になり方。コロナ合流エピソードなど。非常に薄っぺらい。設定をぽんぽん配置してあるだけで、説得力がない。出来の悪い中二ラノベを呼んでる印象。序盤は前作ユミナの方が全然よかった…。
・ただまぁ擁護するなら、やりたいことはわかるかも。ユミナよりも中二度を高めて、アセリア系らしくしたかったんじゃないかなぁという。

・でも我慢しつつ、色々目をつぶって進めていくと、慣れてきて結構面白くなってきました。ギャグはやっぱりいいなーこのライターさん。ユミナでのかけあいがよかった人なら、受け入れられると思う。ミュリエルさんのNEETっぷりと、主人公の突っ込みのクオリティが素晴らしい。

戦闘はさすがのクオリティでもいつも通りクセもありまくりな上に新要素でがらっと変更。プレイヤーによって好みはわかれることでしょう。
・今回は完全にSLGで、色々考えないといけないので面倒くさいです。試しつつきっちり動けたり、だめだったりしたときにフォローできたりしたときの面白さは、アセリアやなるかなっぽい面あり。

青・赤・緑・黒・白といういつもの相性ありの戦闘。色同士の相性は、今回全色に対しての相性が1色ごとにあるのでややこしいですが、まぁある程度適当に相性表をみつつ対応すれば問題なさそう。
・青は弱体と単独戦闘。緑は堅いし強いけど、赤に焼かれる。赤は青に攻撃が通らない。青は黒に弱い。黒と白は弱点あまりないけど背反というかんじ。同じ色でも違うパターンもあるので注意が必要。
・最初のうちは、拠点防衛してるとき以外は防御相性をあんまり考えずに、「イグニッションゼム」で絶対先制状態にしておいて敵弱点を3人で全力攻撃すればOK。

・いつもと同じく3人部隊戦がメインになりますが、特に役割などはなし。敵・味方が交互に攻撃のを、全体を通じて5回戦やると終了。1回毎に配置とスキル変更OK。この回数も結構いいんじゃないかとおもいます。今の所。
・「オーダースキル」が攻撃用スキル。「リアクションスキル」が補助スキルで、補助スキルのなかに緑系がもつ「かばう」があったりするかんじ。防御スキルはある人はあるけど、無い事が多い。

ポイントとなるのはMPシステム。リアクションスキルのほぼ全て+オーダースキルの一部(強攻撃やドレイン攻撃)はMPをガンガン消費します。その代わり前作までに共通してあった「スキルの回数制限」というものがありません。MPのある限り使用可能。
MPは、自軍全体で共有。ターン1時は0で、味方がMP0の攻撃をするたびに+2?溜まる仕様。
・つまりどうでもいい敵でMPをためておいて一気に強攻撃で落としたりとか、防御用にMPをある程度のこしておいたりとか、たまっているMPを補助スキルでちょっとずつ使っていくとか、どうやってMPを残していくのかを考えていく必要があるみたい。
・といってもまぁ、序盤はMP余り気味なのでガンガン使っていってよさげ。レベルアップ時に障壁全快するし。

・主人公が「シェアリング」っていうフィールド技能で、味方の色をコピーして自分の色とすることができ、それによって足りない色を埋めていく事ができるんですが、どの色をつかうか?という先読みが要求される事になるので、ここも面白い。
00:43 12月21日
Lean
コロナの面白そうさがパネェ
18:30 12月21日
s9
>コロナの面白そうさがパネェ
今のところはまぁまぁ。
ユミナのダンジョンとか、なるかなのシナリオ破綻とかと同様のなんらかのガッカリポイントがないことを祈る。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ